1. ホーム
  2. 英会話コラム
  3. ≫カタカナ英語は英語学習の最終兵器になることは間違いない

カタカナ英語は英語学習の最終兵器になることは間違いない

カタカナ英語は良くないという話をよく聞きます。果たして本当にそうでしょうか?僕は英会話学習初心者のうちはカタカナ英語に頼るべきだと思います。

CDがある英語の教材でカタカナ英語を上手く使えば英語のフレーズを覚えるスピードも断然速くなります。

カタカナ英語は発音のヒントとして活躍。

CD付きの英会話教材を買って、CDの真似をして英語のフレーズを声に出そうとしても発音できないということがありませんか?僕は英会話学習の初心者のころよくありました。

ほとんど英語が読めなかったので、CDの音声が聞こえてきても同じように発音することができませんでした。
リスニングのトレーニングには英語を声に出すことが効果的ですが、CDの英語を真似できなかったり、テキストを音読できないとストレスになってしまいます。実はカタカナ英語は、英語を発音する際のヒントとして活躍してくれます。

RとLの発音の攻略はあの歌手の真似をするだけ。

実は、聴こえてきた音声をそのままカタカナにしてみると、日本語でうまく表現できないものもあります。

例えば日本語で右を意味する「Right」という単語がありますが、これは「ライト」というよりは「ゥライト」という感じで発音すると上手くいきます。
イメージは初めの「ゥ」と「ラ」をつなげて「ゥラ」を一つの英語の文字として発音することです。

灯りを意味するLightという単語がありますが、こちらは日本語の「ライト」の発音でOKです。さっきのRightと違い初めにちいさい「ウ」の音を入れないようにします。

英語学習者の間で「LとRの発音」がよく話題にあがりますが、この二つの発音を攻略するのは実は簡単です。
それは、Rの場合は桑田佳祐さんの物まねをすればいいのです。巻き舌になる必要はありません、桑田佳祐さんをイメージして物まねをすればOKです!

TSUNAMIという名曲がありますがこの曲は「R」の発音のイメージをつかむのにぴったりです。

 みつめあ~うと~♪ すなーおに~♪

の「あ~」のところや「お」のところをよく聞いてみてください。独特の発音をしていますよね。この桑田佳祐さんの独特の発音がRのイメージです。

カラオケではカタカナ英語をみんな使ってる

英語の歌で好きな歌はありますか?例えば少し古いですがビートルズの歌は、知っている人も多いのではないでしょうか。Yesterday~♪などは有名ですね。

実はカラオケで英語の歌を覚えている人は英語の意味を理解している人は少ないのです。アヴリルラヴィーンやテイラースウィフトあたりも最近は人気ですが、意味を分かって歌っている人はほとんどいないと思います。

でもみんな英語でちゃんと歌えているんです。不思議ですよね。これには、実はカタカナ英語が大きなカギを握っているんです。

先ほどのYesterdayの歌の最初のフレーズは以下のようになっています。

Yesterday~♪ all my troubles seemed so far away~♪

この歌を口ずさめる人は多いのではないしょうか?でも、意味を分かっている人は少ないのではないでしょうか。

意味がわからなくても英語を口ずさむことができるのはおそらくカラオケで英語に振ってある「ルビ」をみて覚えたからだと思います。

英語の上に書いてあるカタカナのルビをみて、一生懸命覚えたのではないでしょうか。

実際カタカナ英語でも、とりあえず口ずさめるようになってしまえば、あとは意味を理解するだけでそのフレーズが暗記できてしまいます。

カタカナ英語はすごいパワーを秘めているのです!意味はわからくても発音できることが大切。

ちなみにさっきのYesterdayの歌詞の日本語の意味は

「昨日。めんどうなことは全部どこかにいったみたいだ」

といった意味です。ご存知でしたか?

カタカナ英語でも実際に英会話で通じればいい

そして、たとえカタカナ英語であっても実際話したときに通じれば問題ないありません。日本人がよく知っているものでは「ビジネス」「クッキング」「トレイン」などわりと通じるカタカナ英語も多いです。

上手く発音できなくても、カタカナ英語で十分。まずは声に出してみましょう。ちゃんと通じることが多いことにびっくりすると思います。

進化しすぎた脳という本で有名な東京大学卒業の脳研究家池谷裕二さんの言葉を参考にしてみてください。

初心者が英語で何かを伝えたい場面で、とくに気を付けなければならない点は、いかに文法が正しいかということや、いかに表現が適切かということよりも、いかに発音が“それっぽい”かという音の技術です。極言すれば「通じない英語は、下手な発音が原因である」とさえ言えるでしょう。
~中略~
そこで思いついたのが、巷では禁断の手段といわれるカタカナ英語の活用でした。本書では、私がアメリカに留学した際に、試行錯誤の末に見出した13の発音法則を収録しました。この法則に基づいて適切なカタカナ読みをすれば、自分の言いたいことをネイティブに伝えることができるようになるはずです。完璧な発音とはいえませんが、少なくとも、「自分の話している英語がまるで伝わらない」という最悪の事態からは確実に脱却できます。

べつにカタカナ英語だっていいじゃないか。理想を求めることは潔くあきらめよう。どうせ、私たちには発音するための脳回路がないのだから。

怖いくらい通じるカタカナ英語の法則―ネイティブも驚いた画期的発音術 (ブルーバックス)より引用

 

この言葉は非常に的を得ていると思います。乱暴な言い方をしてしまえば、結局英会話なんて通じればいいのです。
通じてさえしまえばコミュニケーションをとることができるからです。

カタカナ英語は英会話の初心者の人にとっては本当に役に立ちます。

かっこいい発音で話せるようになるのは、はある程度英語がペラペラになってからでも遅くありません。興味がわいたら集中的に取り組めばいいのです。

僕自身も英語の発音に集中して取り組んだのはたった1か月ほどでした。それでもそれなりに通じる英語を話せています。それまではカタカナ英語を中心にして、CDの音声を真似してました。

英語の日常会話がある程度できるようになるまで発音はそれほど気にしなくても大丈夫。

それよりも、英語のフレーズを声に出して覚えて行くほうが、使える英語がどんどん増えてラクに喋れるようになるので、よっぽど楽しいです。

まとめ

カタカナ英語が使えないと言っている人は、おそらく頭の固い人か英語がちゃんとできるまで学んでいない人でしょう。
英語の学習が初期のうちはカタカナをヒントに英文をどんどん口に出せるようになってしまいましょう。

英語を喋れるようになる段階でだんだん発音もよくなっていきますし、そこまで発音にこだわらなくても英語は通じますよ。

あつさん
カタカナ英語は大事!慣れてきたら自然に発音できるようになりましょう!

ペンタ君
僕はカタカナ英語はチーズが好きだぴー!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。