1. ホーム
  2. Hapa英会話
  3. ≫【教えてあつさん!】海外旅行の英会話は何をすればいい?

【教えてあつさん!】海外旅行の英会話は何をすればいい?

ネイティブスピークなどの英語の発音教材で勉強した後はどんな教材でどんなトレーニングをすればいいですか?という質問をいただきましたので回答を共有させていただきます。

【関連記事】:「発音教材のネイティブスピークとUDA式どちらを購入すべきか迷っています。」

ご質問

 

凄く丁寧な返信をありがとうございます。

ネイティブスピークで理解して発音図鑑で隙間時間に確認復習するというのは凄く良いと思いました。
 
ネイティブスピークの方を購入した方が良い気がしてきました。
追加でいくつか質問させて下さい。
 
ネイティブスピークをやり終えた後に瞬間英作文や音読に取り掛かろうと思っているのですが、それらの文を音読する際に発音が分からない単語は発音記号を毎回全て調べる必要があるのでしょうか?
 
力は付きそうですが基礎単語も発音記号は知らないものが多く作業の大変さに挫折してしまいそうな気がしています。
 
それとも音声がある教材を使おうと思っているので、その音声を聞いて発音を予測しながら真似する感じなのでしょうか?(今は厳しいですがネイティブスピークをやり終えた後は少しは発音が区別出来るという前提で…)
 
また個人的には単語のスペルから発音が予測出来れば効率が良くなりそうな気がしているのですが、それは可能なのでしょうか?可能でしたらそれを学べるおすすめの教材やサイトを教えて頂けないでしょうか?
 
 
また、ネイティブスピークをやり終えた後の瞬間英作文や音読教材で何かおすすめなものがありましたら教えて頂けないでしょうか?
 
私の目標はアメリカ(西海岸)をレンタカーで縦断してカナダに国境を越えて入る旅がしたいというものでまずは旅行英会話が必要で、+αとして現地の人と交流したりスカイプ英会話で日常英会話が出来れば嬉しいというものです。
 
旅行英会話については『やってみたら英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅できた』という本を使ってpart1(現地取材による生の会話例)を音読(シャドーイング)し、part2(相手の質問が英語で流れその返答例の日本語の後に答えの英語が流れる)を瞬間英作文しようと考えています。この本はレンタカーの部分が特に充実している気がしています。
 
日常英会話は『英会話ショートフレーズ辞典』という本で自分が言いたい表現を選んで瞬間英作文しようと考えています。
 
この本は日本語の後に英語が流れ、表現もアメリカ口語の少しこなれた表現も入っており海外ドラマなどで聞き取れるフレーズも増える気がしています。蛇足ですが海外ドラマはHEROESが好きです。
 
また英文法はiPhoneアプリの『東進ブックス』で『一億人の英文法』の例文の並べ替え問題に取り組み(慣れてきたら瞬間英作文に移る)気になる所は書籍で確認するという勉強を考えています。
 
これらの勉強で大丈夫かや他におすすめの教材があれば教えて頂けないでしょうか?
 
最後に、個人的な話ではありますが一年弱ほど1日に30分程しか英会話の勉強時間を確保出来ない期間があります。その期間、何を続けるべきか迷っています。
 
長文になってしまいましたがアドバイスを頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

あつさんの回答:フォニックスを使えばスペルから発音を予想できるようになるので超効率的です。

〇〇さん追加でご質問いただきありがとうございます。以下回答をさせていただきますね。

まず、結論から申し上げます。

あつさんの結論

 1 ネイティブスピークで学習すればスペルから発音を予想できるようになるので発音記号は覚えなくても大丈夫です。

2 もしネイティブスピークで学んだあとにスペルと発音の関係をもう少し学びたい場合は「フォニックス」というものを学べばスペルから発音を予想できるようになりますので、発音記号を学ぶ必要はありません。

3 持っている書籍とトレーニング方法で十分目的は達成できると思います。あえて教材を一つ紹介するならば、海外旅行に行く人や海外生活をする人におすすめして評判がいいのは「Hapa英会話」です。

4 まず、1日30分の勉強時間でも十分です。今考えておられる勉強法で問題ありませんしコツコツ気長に続けられればちゃんと英語が話せるようになります。

続いて理由と根拠を説明させていただきますね。

あつさんの回答の詳細

 
 
ネイティブスピークで理解して発音図鑑で隙間時間に確認復習するというのは凄く良いと思いました。
 
ネイティブスピークの方を購入した方が良い気がしてきました。
ぼくも発音図鑑を買ってみて気づいたのですが、このコンビはお互いの短所をうまくカバーできるので、かなり効果が高い組み合わせです。
 
 
 
追加でいくつか質問させて下さい。
ネイティブスピークをやり終えた後に瞬間英作文や音読に取り掛かろうと思っているのですが、それらの文を音読する際に発音が分からない単語は発音記号を毎回全て調べる必要があるのでしょうか?
 
力は付きそうですが基礎単語も発音記号は知らないものが多く作業の大変さに挫折してしまいそうな気がしています。
 
それとも音声がある教材を使おうと思っているので、その音声を聞いて発音を予測しながら真似する感じなのでしょうか?(今は厳しいですがネイティブスピークをやり終えた後は少しは発音が区別出来るという前提で…
 
まず、ネイティブスピークなどの英語の発音教材を一通り学習した後は英語の発音記号がわからなくても初見でなんとなく英単語や英文を発音できるようになります。
 
また、音声がある教材を聞けば「発音を予測しながら音声をまねる」ことができるようになりますので、今悩んでいらっしゃおられる状態とは全く違う景色が見えるようになります。

ネイティブスピークなどの英語の発音教材で学んだことを応用するイメージです。一回聞いてわからないところは自分の弱点ですし、発音が上達しているのでテキストを見ればすぐにわかります。必ず「目」を使ったテキスト中心の楽手ではなく、音声がある教材で「耳」と「口」学習をしてください。

 
これは今後リスニングの学習をする中でずっと続けていくことです。
 
また、おっしゃる通り発音記号を調べながら学習していると間違いなく挫折します。ぼくもつまらなくて挫折しました。
 

また個人的には単語のスペルから発音が予測出来れば効率が良くなりそうな気がしているのですが、それは可能なのでしょうか?可能でしたらそれを学べるおすすめの教材やサイトを教えて頂けないでしょうか?

実はぼくも全く同じような悩みを抱えていて、声に出すことで単語を覚えたり、スペルを予想できるようになる方法を探していた時期がありました。
 
この時に見つけたのが「フォニックス」というスペルと発音のルールを学ぶ方法です。
フォニックスについては下記の記事をお読みください。
 
おそらく、「ドンピシャ」だと思います。
 
ぼくが何人もの人に実際に使ってもらって効果のあったおすすめの教材も書いておきました。
 

海外旅行での英会話におすすめなのはHapa英会話です。

また、ネイティブスピークをやり終えた後の瞬間英作文や音読教材で何かおすすめなものがありましたら教えて頂けないでしょうか?

 
私の目標はアメリカ(西海岸)をレンタカーで縦断してカナダに国境を越えて入る旅がしたいというものでまずは旅行英会話が必要で、+αとして現地の人と交流したりスカイプ英会話で日常英会話が出来れば嬉しいというものです。
 
旅行英会話については『やってみたら英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅できた』という本を使ってpart1(現地取材による生の会話例)を音読(シャドーイング)し、part2(相手の質問が英語で流れその返答例の日本語の後に答えの英語が流れる)を瞬間英作文しようと考えています。この本はレンタカーの部分が特に充実している気がしています。
 
日常英会話は『英会話ショートフレーズ辞典』という本で自分が言いたい表現を選んで瞬間英作文しようと考えています。
 
 
 
また英文法はiPhoneアプリの『東進ブックス』で『一億人の英文法』の例文の並べ替え問題に取り組み(慣れてきたら瞬間英作文に移る)気になる所は書籍で確認するという勉強を考えています。
 
これらの勉強で大丈夫かや他におすすめの教材があれば教えて頂けないでしょうか?
 
 お読みいただいている『やってみたら英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅できた』という書籍と『英会話ショートフレーズ辞典』の中身を確認したところ、どちらもフレーズ集としては良い教材だと思います。
 
特に前者の『やってみたら英語なんてこれだけ聴けてこれだけ言えれば世界はどこでも旅できた』は今回の目標である海外旅行の英会話に向いていると思います。
 
今お持ちの書籍でも良いですが、ぼくが海外で使う英会話を学ぶのにどの教材がいいか聞かれたときにおすすめしていて評判がいいのは「Hapa英会話」という教材です。
 
Hapa英会話は現地(アメリカ)での生活を始めた英語の初心者に絶大な支持を得ている人気の英会話スクールが作成している教材で、海外生活や海外旅行に特化している教材です。
 
Hapa英会話についてはこちらの記事で詳細なレビューをしていますので、お時間のある時に見てみてください。(〇〇さんはまだ買わなくて大丈夫です。)

この本は日本語の後に英語が流れ、表現もアメリカ口語の少しこなれた表現も入っており海外ドラマなどで聞き取れるフレーズも増える気がしています。蛇足ですが海外ドラマはHEROESが好きです。

おっしゃる通り、この教材は自分で話すというよりは、リスニングの教材として使うのがいいですね。ちなみにぼくは海外ドラマは現代版ビバリーヒルズ青春白書の「THE OC」が大好きです。
 

また英文法はiPhoneアプリの『東進ブックス』で『一億人の英文法』の例文の並べ替え問題に取り組み(慣れてきたら瞬間英作文に移る)気になる所は書籍で確認するという勉強を考えています。

 
これらの勉強で大丈夫かや他におすすめの教材があれば教えて頂けないでしょうか
 
文法書は一億人の英文法があれば十分ですね。あれは最高の英文法の教材です。アプリを使うのもいいと思います。学習方法については問題ありませんので自信を持っていただいて大丈夫です。
 
あえて一つアドバイスするならば、一日30分しか時間がとれないとのことですので、欲張らないで一つ一つ着実にステップアップしていってください。
 
例えば次のような順番です。
 
 

 ネイティブスピークと発音図鑑で1~2か月発音をみっちり学習する
 ↓
フォニックスが必要か判断してみて、必要なければHapa英会話や英会話のフレーズ集などで実際の英会話の学習をスタート。3か月~半年続ける。
 ↓
発音であやふやなところは発音教材で確認する。
このとき、同じ教材で飽きたら同じジャンルの違う教材を使っても大丈夫です。 
 ↓
「発音がわかるけど意味がとれない」ところが出てくると思いますので、一億人の英文法で文法を確認する。音として捉えられるようになっても意味がわからないところは文法がわからないか、自分のモノになっていないので意味を取ることができない英語のフレーズです。

  
回答は以上となりますが、また何か不明な点があれば追加でご質問ください。
あつさん
 
 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

当サイト公認英会話教材レビュー記事

  1. PRIME ENGLISH

    すぐに上達がわかる独自のメソッド、つい見てしまう楽しいテキストと挫折しない工夫が満載の教材【返金保証付】

  2. 7+English

    あの有名な七田式が長い年月をかけ完成させた脳科学に基づいた初心者向け超効率的な英会話教材【返金保証付】

  3. ネイティブスピーク

    世界初のネイティブの口の中の動きを再現したCGで,キレイな英語の発音を身に着けられる発音教材