1. ホーム
  2. 教材の選び方
  3. ≫各種英会話教材の役割を解説します

各種英会話教材の役割を解説します

英会話教材と言っても、実は各教材ごとに得意としている役割が異なります。

日常英会話、リスニング、発音矯正、ビジネス英会話、スピーキングなど、自分が習得したい英語力や強化したいところによって選ぶべき教材も変わってくるのです。

英会話教材は英会話教室の先生役

英会話教材は、日常英会話やビジネス英会話につかうフレーズや会話の流れを覚えられるので、英会話教室に通わなくてもCDだけで会話のキャッチボールのレッスンが行えます。

ちょうど英会話教室のネイティブの先生の役割ですね。

必ず英文の音声がついていて、英語→日本語という順番のCDや日本語→英語という順番のCDもあります。

英語→日本語の順番で音声が流れる時は相手の話している英語を聞く「リスニング」の練習ができます。

一方日本語→英語の順番の場合は日本語を聞いて英語を話す「スピーキング」の練習ができます。

このほかにも発音の解説やロールプレイ、シャドーイングなど幅広いレッスンを行える教材も揃っています。

CDとテキストがあれば高額な英会話教室に通わなくても質の高いトレーニングができるのが特徴です。

インプット

・会話の場面に合わせて必要なフレーズを覚える

・英語の音声を聞いて声に出すことでネイティブの発音を覚える

アウトプット

・CDの日本語の音声に合わせて英語を答える瞬発力を鍛える

・声に出すことで発音の矯正とインプットしたフレーズを自分の中に定着させる

英会話教室と英会話教材の違いはどこにあるのかといえば、一番の違いはやはり相手の先生がいないことです。

インプットの練習自体は英会話教室でもテキストやCDを使って宿題として覚えてくることがほとんどなので、独学で英語を学習するのと何も変わりがありません。

しかし、アウトプットの練習はやはり違います。英会話教材で学習する場合はテキストとCD、DVDなどが相手ですので間違ったり発音がおかしくても先生が止めてくれるわけではありません。

質問もできませんし、細かいニュアンスや発音について聞くことができません。

そのため、英会話初心者の方の場合はテキストで使われている英会話のフレーズに解説があることや、使い方、場面ごとの説明、発音の説明などがある教材を選ぶことがポイントです。

ニュアンスがとにかく詳しいのは ⇒ ネイティブイングリッシュ

このように、教材の選び方と自分の学習の仕方次第では英会話教室の先生がやってくれることをほとんどカバーできますが、英会話教材は英文法の解説はあまりないため、手元に一冊英文法の本があると安心です。

また、ある程度英会話のフレーズを覚えてきたら発音矯正の教材は必要になります。
発音を一度しっかり学んでおくと、リスニングやスピーキングの力の伸びが全然違いますので。

最近では英会話教材の中で英語の音声変化について学ぶことができる教材が遂に出ましたね。

ネイティブの音声変化(リエゾン)も一緒に学べるのは ⇒ プライムイングリッシュ

リスニング教材を聞いた時間あなたを裏切らない。

リスニング教材の役割はいかに多くの時間を聞きまくれるかどうかです。

また、リスニング教材は様々な種類があり、スロースピードで流れるものや逆に高速音声で英語を聞くことによってナチュラルなスピードの英語がゆっくりに聞こえるようになるという効果を狙った教材もあります。

しかし、基本的には通勤時間やスキマ時間を利用してネイティブのきれいな発音のナチュラルスピードの英語をどれだけ長い時間聞いたかでリスニング力の伸びは決まります。

最近では英語が流れてくるだけでなく、シャドーイングやリピーティングなどの英語を話すための練習ができる教材もありますので、リスニングとスピーキングが一緒にレッスンできる教材も増えてきました。

ネイティブに通じる発音で自分が話せる英語は、当然リスニングもできるようになります。そのため、リスニングのためにも英文を正しい発音で声に出すことが大切なのです。

リスニングとスピーキングは別々に考える必要はなく、先ほどの英会話教材とリスニング教材は重なるところも多いです。

リスニング教材に取り組むときの注意点としては、意味がわからないものを何回聞いても効果がないという事です。

意味がわからない英文は必ずテキストで意味を確認するようにしないと英語が全く上達しません。初心者のうちはあらかじめテキストを読んでおいて意味を理解したものをリスニングするようにすると非常に効果があります。

インプット

・「聞いて意味がわかる」ナチュラルスピードの音声を聞きまくって英語の音声を体になじませる。

・音声変化や発音なども頭にいれながら、英語独特のリズムを習得する。

アウトプット

・CDの音声をなるべくそのままマネしてキレイな発音を意識してリピートする

シャドーイングやリピーティングといったCDに合わせて声を出すトレーニングの注意点として、初心者のうちは自己流の発音でやってしまうのは避けてください。

いつまでたっても正しい音を覚えることができないのでリスニングが上達しません。必ずネイティブの音声を聞いて、それをまねするようにしてください。

 

リスニング教材のポイントはとにかくたくさん英語を聞くことなので、自分が飽きずに楽しいと思える内容であることが大切です。

毎月新しい教材が送られてくる、時事英語や旬の話題、映画の話など大人が知的に楽しめる教材が良いでしょう。

1000時間ヒアリングマラソンスーパーエルマーなどがこのジャンルの教材になります。

発音矯正教材はすべての発音について口の中の動きや舌の動き、唇の形を学べる教材を選ぶ

発音矯正教材の位置づけは初めは必須の教材ではないですが、補助的に買い足しておくと良いというものになります。

英語の聞き取りができない原因の一つが英語の発音がわかっていないことがあります。

また、英語を話すときに相手に通じないのは英語の発音があまり上手ではないからという事が考えられます。

このように発音は英会話の土台となるもので、リスニングやスピーキングの両方に影響を及ぼします。

キレイな発音を習得するためには、ネイティブが発音するときと同じ唇の形や、舌の動かし方を真似ると上達が早いです。

そのため、発音矯正教材の役割はネイティブと同じ発音をするために必要な口の動きを学ぶことにあります。

また、できるだけわかりやすいことも重要です。

最近ではイラストで解説している本だけでなくDVDで口の動きを確認できるもの、

分かりやすさでいえば、イラスト⇒動画⇒CGという順番でわかりやすいです。

UDA式30音で英会話あたりが発音矯正教材に分類できます。

【関連記事】:英会話初心者のための通販教材ガイド

どの教材を選べばいいか悩んでしまったら気軽にお問い合わせください。48時間以内に返信させていただきます。

⇒教材の購入相談をする

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。