1. ホーム
  2. 英語のニュース
  3. ≫小学校の教員に求められる英語力が低すぎる件

小学校の教員に求められる英語力が低すぎる件

英語本舗管理人のあつさんです。

ちょっと驚きというか信じられないニュースが舞い込んできました。

大学生で教員志望の方が教職課程の授業で習得する英語の基本的な学習の内容が、文部科学省の方で先月まとまったようです。

小学校の教職課程では卒業するまでに英検2級程度の英語力を身に着けるという目標を設定しています。

今のところ小学校に向けた英語の授業の指導方法を学べる大学が少ないです。文部科学省は2020年度から英語が正式な学習科目になることをにらみ、17年度から教職課程の英語のカリキュラムを変更するように各大学に促しているようです。

英検2級程度で人に英語を教えることができるのか?

一番の疑問は英検2級程度の英語力で人に英語を教えることができるのかという点です。

ぼくは小学校の英語の授業では「読み書き」よりも「聴く話す」といった授業がメインになると予想しています。理由はいきなり読み書きを始めるのは日本語をちゃんと習得していない段階では難しいためです。

しかし、英検をバカにするわけではありませんが、英検2級をとっても全く話すことはできませんし、リスニングもほとんどできません。

そのため、英検2級をとったぐらいの先生が教師になったところで、非常にレベルの低い授業になることはカンタンに想像できます。

英検2級はどれぐらいの英語力なのか?

英検2級の英語力はどれぐらいなのか調べてみました。語学の国際標準規格であるCEFR(セファール)によると・・・

英検2級は、TOEICに換算すると550点~775点となっています。しかし、実際に英検2級に合格したぼくの社会人の友人がTOEICを受けてみたところ500点程度しか取れませんでした。

英検2級合格者でもTOEIC550点ははっきり言って難しすぎると思います。そもそも、試験の傾向が違いすぎて比較が難しいのです。

高校生が受験のために英検2級をとるという話はよく聞きますが、大学入学時にTOEICを受けると400~500点いかないぐらいの点数が平均点となるようです。

TOEICはビジネスの内容がある程度出題されるので、内容になじみがないというのもあるかもしれませんね。

英検2級では英語の発信力はほとんどわからない

英検2級の1次試験のにライティングが追加され、2次試験では面接試験でスピーキングのテストも実施されます。

しかし、英検2級の問題集を本屋で購入し早速解いてみましたが、、、ライティングもスピーキングも正直簡単すぎます。

こんな簡単な問題を解けたところで人に教えられるレベルの英語力は身に付きません。大学入試のほうがよっぽど難しいです。

こんな中途半端な英語力を身に着けた人を英語教師にしても、日本人の語学力に変化が出ることはおそらくないでしょう。

なぜ日本に来たい外国人は山ほどいるのに、ネイティブスピーカーを先生として採用する仕組みを作らないのでしょうか?

一番心配なのが、英検2級程度の英語力の人の英語の発音は全くのでたらめでしょうから、小学生の多感な時期に間違った発音を身に着けてしまい英語力が伸び悩んでしまう事です。

完全に世界から取り残されていて、周回遅れだと思います。だから日本人は中学校、高校と6年間も英語を勉強するのに全く英語が話せない人がほとんどなのです。

 

英語学習に非常に苦労した1人としては、もう少し真剣に子供たちやこの国の英語教育を考えてほしいです。

完全に「オワコン」です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2017厳選オススメ英会話教材ランキングTOP3

最新にして最高レベル!「最上級」を意ad味する「プライム」の名に恥じない圧倒的な品質の教材
プライムイングリッシュ
4.5
特徴音声変化も学べる英会話教材
内容テキストとCD
価格32,184円
返金保証
プライムイングリッシュ

堂々の第1位は「プライムイングリッシュ」です!全くの初心者がゼロから始める場合、最もお勧めなのが「プライムイングリッシュ」です。

・会話を中心に楽しみながら学習したい、
・実績がある効果的な方法で学習したい、
・英会話教室みたいな練習が一人でできるものがいい、
・センスがいいテキストで楽しく学習したい、
・内容も面白くてつい勉強してしまう教材がいい、
・不安だからメールサポートも欲しい、
・返金保証も欲しいetc…

これら全てを叶えてくれる「わがまま放題な教材」が欲しい人にまさにお勧めの教材です。今までいろいろな教材を試したけど身につかなかったので、どれから始めればいいのか迷っている場合も、まずは「プライムイングリッシュ」からスタートしてください。

プライムイングリッシュの最大の特徴は音声変化(リエゾン)についても学べることです。実際に日本語が短期間でペラペラになったネイティブのサマーさんが開発した独自のメソッドでリスニングとスピーキングが両方上達します。

テキストもカフェに持っていきたいくらいオシャレで、個性豊かな登場人物がシェアハウスでリアルな英会話をしているなど、内容がとにかく面白くて挫折しづらいので初心者におすすめできる教材です。

メールサポートや返金保証が14日間ついているので教材がイマイチだったらどうしようという心配も無用です。

ネイティブイングリッシュ
「これだけあれば日常英会話はバッチリ!」78もの場面の英語を学べる「オールインワン」の後出しジャンケンによるいいとこどり教材。
ネイティブイングリッシュ
4
特徴あらゆる日常英会話のシーンを網羅
内容テキストとCD
価格29,800円
返金保証

第2位は「ネイティブイングリッシュ」です。

Native Englishの特徴は大きく分けて3つあります。

1 ネイティブが頻繁に使う「生の会話やフレーズ」を厳選していて、日常英会話のシーンが78テーマと豊富なので、自分に必要なテーマや興味のあるテーマから勉強することができます。

2 聞き流すだけの教材にはなかった日本語→英語という順番のCDで「英語を聞く力」だけでなく「英語を話す力」を伸ばす学習ができるのも大きな特徴です。

3 1回のレッスン時間が6分程度と短いので初心者でも少しづつ成長を実感できます。スキマ時間で学習できるのもポイントです。

ネイティブイングリッシュの特別な「ニュアンス解説CD」ではバイリンガルDJ「マイケル・リーヴァス」さんが、まるでラジオを聴いているかのような軽快なトークで英語学習者からの様々な質問に日本語と英語で答えています。

例えば、あいさつの「How are you」に対する返事で「Great!」「So so」「Fine」の違いなど、楽しみながら英語独特のニュアンスを掴むことができます。

日本人が一番良く使う「I'm fine thank you」 は全くネイティブが使わない理由も解説しています。

このCDは公式サイトでサンプルの音声を聞くことができます。

安心の返金保証付

7+English
「世界の七田式」の最新の学習方法で、ネイティブが使う厳選された英語が最短で話せるようになる英会話初心者の最終兵器
7+English
3.4
特徴七田式の高速学習と400%学習法
内容テキストとCD
価格19,800円
返金保証

第3位は世界の七田式の英会話教材「7+English」です!フレーズを覚えるタイプで最もお勧めの教材がこの「7+English」で、その理由は2つあります。

まず1つ目の理由はフレーズを覚える方法が教育界では世界的に評価の高い「七田式」の学習方法が使われているので、他の教材よりも効率よく英語のフレーズを覚えることができます。

2つ目の理由は、発音や基本的な英会話のフレーズ文法知識、ネイティブが良く使う表現など、英会話に必要な基礎知識・スキルをすべて習得できるからです。

一つ一つのフレーズ全部に対して、発音、意味、類似の表現、関連した表現などの詳細な解説があり、補助教材として音声によるフレーズの解説もついているのでただフレーズを暗記するだけでなく会話で使いこなせるようになります。

メールのサポートも3年間相談し放題なので非常に充実

100日間の返金保証がついているので安心して試すことができます。

2017最新オススメランキングの続きはこちら