1. ホーム
  2. 英会話コラム
  3. ≫海外旅行で英語を話せるようになるコツを5つ紹介するよ

海外旅行で英語を話せるようになるコツを5つ紹介するよ

一昔前よりは料金も安くなり、手軽に行けるようになった海外旅行。とはいえそれでも準備にかかる時間や手間、国内に比べると安くはない旅費など、決してハードルの低いものではありません。

そんなせっかくの海外旅行ですから、ガイドさん頼りだったり、「会話できないから・・・」と行きたいお店や観光スポットをあきらめるのはもったいないことです。

ある程度で良いので英語で現地の人たちとコミュニケーションを取れれば、旅行はずっと楽しい思い出になるでしょう。そのため、旅行前に押さえておきたい英会話上達のコツを5つまとめてみました。

海外旅行で英語を話せるようになるコツその1:恥ずかしがらない

日本人は英語が苦手、と言われますが、文法や単語力はそれほど劣ってはいません。受験勉強などで基礎をしっかりしている分、ゆっくりと話したり作文をさせると、下手なネイティブよりきちんとした英語を作れると言われます。

ところが会話となるととたんに苦手とする人が多いのは、「発音が下手で恥ずかしい」ために発声量が足りないことが主な原因と言われます。

 

下手でも構わないので、まずははっきりと発声するようにしましょう。

また日本語と違い、英語は抑揚の大きい言葉ですから平板に棒読みしているとなんのことか相手には伝わりません。

可能なら単語のアクセントだけでも覚えて、そこを強く発音するとかなりわかりやすくなります。旅行中話す相手は多くがお店の人でしょうから、ある程度はお客であるこちらの話をきちんと聞こうとしてくれるはずです。

焦らず恥ずかしがらず、抑揚にだけ気をつけて会話しましょう。

海外旅行で英語を話せるようになるコツその2:文法は一切気にしない

受験英語の影響で日本人は英文法がよく出来るのですが、それだけに「ここはaなのかtheか」、「sはつくのかどうか」、「この単語は動詞だっけ?」、どうしても正しい英語を話そうとこんなことが頭をよぎる人が多いようです。当然ですがこんなことをやっていては会話のスピードにはついていけず、途切れ途切れに迷いながら話すと相手にはとてもわかりづらいことになってしまいます。

ビジネスや法律のようなシーンでは、どの言葉が何にかかるかあいまいではダメですが旅行中の会話ではそのあたりがフンワリしていても問題ありません。

単語を並べるだけでも身振り手振りを交えて通じますし、そこで意思疎通ができたことが自信になって上達していきます。頭に浮かんだ言葉をそのまま口に出せるよう、意識しましょう。

海外旅行で英語を話せるようになるコツその3:関連のある単語を調べておく

会話をするのに世の中のすべての単語を知っている必要はありません。しかしたとえばダイビングに行くなら、「サンゴ」「イルカ」「海の透明度」などの単語を知っていたほうがいいですし、釣りなら各種の魚や海に関するキーワードを予習しておく必要があるでしょう。

 

文法のところでも述べたように、単語を羅列することが会話の初歩ですので、単語さえ知っておけば何とかなります。旅の目的に合わせて単語を覚えていくほうが良いでしょう。

海外旅行で英語を話せるようになるコツその4:言い出しを覚えておく

会話は最初のしゃべり出しが重要で、ここが出てこないとスムーズに続いていきません。

色々なしゃれた言い回しや複雑な文章を話せる必要はありませんので、いくつか代表的なもの、「Coud you~?(してくれませんか)」「I want to~(~したい)」「Can I ~?(してよいか)」などを覚えておいて、あとは動詞や名詞を組み合わせるのが一番効率の良いやり方です。

海外旅行で英語を話せるようになるコツその5:英会話できる人と行かない

ある意味これが一番大事かもしれません。英会話のできる人と同行してしまうと、どうしてもその人に頼ってしまい横でじっと聞いているだけになってしまうでしょう。

英会話は慣れと言われますが、運動のようなものでどうしてもトレーニングや実践の量が必要です。

多少の不便はあってもなるべく自分であれこれ試行錯誤するのが上達につながるので、ぜひ積極的に会話をこなしてみてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2017厳選オススメ英会話教材ランキング

  • 最新にして最高レベル!「最上級」を意味する「プライム」の名に恥じない圧倒的な品質の教材
    プライムイングリッシュ
    4.5
    特徴音声変化も学べる英会話教材
    内容テキストとCD
    価格32,184円
    返金保証
    プライムイングリッシュ

    堂々の第1位は「プライムイングリッシュ」です!全くの初心者がゼロから始める場合、最もお勧めなのが「プライムイングリッシュ」です。

    ・会話を中心に楽しみながら学習したい、
    ・実績がある効果的な方法で学習したい、
    ・英会話教室みたいな練習が一人でできるものがいい、
    ・センスがいいテキストで楽しく学習したい、
    ・内容も面白くてつい勉強してしまう教材がいい、
    ・不安だからメールサポートも欲しい、
    ・返金保証も欲しいetc…

    これら全てを叶えてくれる「わがまま放題な教材」が欲しい人にまさにお勧めの教材です。今までいろいろな教材を試したけど身につかなかったので、どれから始めればいいのか迷っている場合も、まずは「プライムイングリッシュ」からスタートしてください。

    プライムイングリッシュの最大の特徴は音声変化(リエゾン)についても学べることです。実際に日本語が短期間でペラペラになったネイティブのサマーさんが開発した独自のメソッドでリスニングとスピーキングが両方上達します。

    テキストもカフェに持っていきたいくらいオシャレで、個性豊かな登場人物がシェアハウスでリアルな英会話をしているなど、内容がとにかく面白くて挫折しづらいので初心者におすすめできる教材です。

    メールサポートや返金保証が14日間ついているので教材がイマイチだったらどうしようという心配も無用です。

    ネイティブイングリッシュ
    「これだけあれば日常英会話はバッチリ!」78もの場面の英語を学べる「オールインワン」の後出しジャンケンによるいいとこどり教材。
    ネイティブイングリッシュ
    3.5
    特徴あらゆる日常英会話のシーンを網羅
    内容テキストとCD
    価格29,800円
    返金保証

    第2位は「ネイティブイングリッシュ」です。

    Native Englishの特徴は大きく分けて3つあります。

    1 ネイティブが頻繁に使う「生の会話やフレーズ」を厳選していて、日常英会話のシーンが78テーマと豊富なので、自分に必要なテーマや興味のあるテーマから勉強することができます。

    2 聞き流すだけの教材にはなかった日本語→英語という順番のCDで「英語を聞く力」だけでなく「英語を話す力」を伸ばす学習ができるのも大きな特徴です。

    3 1回のレッスン時間が6分程度と短いので初心者でも少しづつ成長を実感できます。スキマ時間で学習できるのもポイントです。

    ネイティブイングリッシュの特別な「ニュアンス解説CD」ではバイリンガルDJ「マイケル・リーヴァス」さんが、まるでラジオを聴いているかのような軽快なトークで英語学習者からの様々な質問に日本語と英語で答えています。

    例えば、あいさつの「How are you」に対する返事で「Great!」「So so」「Fine」の違いなど、楽しみながら英語独特のニュアンスを掴むことができます。

    日本人が一番良く使う「I'm fine thank you」 は全くネイティブが使わない理由も解説しています。

    このCDは公式サイトでサンプルの音声を聞くことができます。

    安心の返金保証付

    7+English
    「世界の七田式」の最新の学習方法で、ネイティブが使う厳選された英語が最短で話せるようになる英会話初心者の最終兵器
    7+English
    3.4
    特徴七田式の高速学習と400%学習法
    内容テキストとCD
    価格19,800円
    返金保証

    第3位は世界の七田式の英会話教材「7+English」です!フレーズを覚えるタイプで最もお勧めの教材がこの「7+English」で、その理由は2つあります。

    まず1つ目の理由はフレーズを覚える方法が教育界では世界的に評価の高い「七田式」の学習方法が使われているので、他の教材よりも効率よく英語のフレーズを覚えることができます。

    2つ目の理由は、発音や基本的な英会話のフレーズ文法知識、ネイティブが良く使う表現など、英会話に必要な基礎知識・スキルをすべて習得できるからです。

    一つ一つのフレーズ全部に対して、発音、意味、類似の表現、関連した表現などの詳細な解説があり、補助教材として音声によるフレーズの解説もついているのでただフレーズを暗記するだけでなく会話で使いこなせるようになります。

    メールのサポートも3年間相談し放題なので非常に充実

    100日間の返金保証がついているので安心して試すことができます。

    2017最新オススメランキングの続きはこちら