1. ホーム
  2. 英会話コラム
  3. ≫英語が聞き取れないのは音声変化(リエゾン)を知らないから

英語が聞き取れないのは音声変化(リエゾン)を知らないから

「英語が早くて聞き取れない!」

「ネイティブが話すと何を言っているかわからないけど、テキストで見るとわかるんだよなぁ。」

こんな悩みはありませんか?

「英語が聞き取れないのは、

「文法がわからない」
「単語がわからない」
「英語を聞くことに慣れていない」

こういった原因もありますが、それ以上に英語を話すときの英語特有の音声の変化を知らないから聞き取れないということが原因である方が非常に多いです。

音声変化を知らないと何十回音声を聞いても聞こえるようになりませんし、逆に言えば、音声変化を知っていればリスニングはかなり聞き取りやすくなります。

音声変化とは単語の消失、連結、省略といった英語の音声ならではの変化のことです。

音声変化を知るとあなたはどうなるのか?

あなたは音声変化はご存知でしたか?

ご存知の方はその効果を十二分に理解されているでしょう。

具体的にどんな物が音声変化なのか幾つか例をあげて解説させていただきますね。

 

まず、単語の連結です。

これは、英語を話すときに隣の単語がくっついて一つの単語のように発音する音声変化です。

例えば、英語で「Can I barrow your pencil ?」

と聞かれたとします。この場合英語の文を普通に読むと

キャン アイ バロウ ユアー ペンシル?

と読むのではないでしょうか?

ネイティブがこの英語を発音するときは

「キャナイバロユァペンソー?」

のように発音します。このときにCanとIが連結され一つの音のようになります。キャン アイではなくて、「キャナイ」という音になります。

これが音声変化です。この連結のルールを知っていればキャナイは「Can I」のことだなとわかりますが、音声変化のことを知らなければキャナイ〜と言われても、

「キャナイ?」ってなんだ?どういう意味の単語だろう?

とまるで別の英単語のように聞こえてしまいます。

 

ここまではご理解いただけましたでしょうか?

 

音の消失も英語独特の音声変化のルール

また、他にも「Let me see」を英語でネイティブが読むと

「レッミーシー」という音に近くなります。

このときに「Let」の「t」の音が弱くなり、「レットミー」ではなく、「レッミー」になります。

この音声変化を知らないと、「レッミー」ってどういう意味だ?と混乱してしまいます。

このような音声変化のルールを英会話学習の初期の段階で学んでおけば、かなり上達のスピードは早まります。

実はこの英語の音声の変化のルールを知らずに何十回、何百回英語を聞いても聞き取れるようになりません。

レッミーが「Let me」の事だと認識できなければいくら頑張って音声を聞いても一向に理解できないのです。

 

この音声変化は多くの人が軽視していますが、英語の学習をするなら必ず初めに学ぶべきルールです。

 

ぼくの場合ですと、実は英語が全然できない24歳ぐらいのときにレベルが高い英語の教材を通勤中とかにひたすら聞き流していたんですね。当時のTOEICの点数は430点でしたが730点を目指す教材を使っていたんですね。

 

何回も何回もそれこそ、擦り切れるぐらい同じ音声を聞いていましたが、まるで英語ができるようになりませんでした。

 

一日2時間近く聞いていたのですが、全く上達せず、リスニング力が突然アップするという事もありませんでした。

しかし、英語の発音のルールである音声変化のルールを学ぶ事によって劇的に英語が聞き取れるようになっていきました。

今までなんとなく聞いていた英語のフレーズが耳にすっと入ってくる感じでした。TOEICの点数が130点一気にアップしましたので、それまではいかに無駄な努力をしていたなと思いました。

音声変化の効果はご理解いただけたでしょうか?

この音声変化を英会話初心者のうちに学ぶ事は重要です。
初めに音声変化や発音を知らないのでは、今後の上達具合に
非常に大きな影響を与えます。

ぼく自身も1年ほどただ英語を聞き流している期間があったんですが、聞き流しなんてやっていないで、初めから音声を変化を学んでおけばよかったです。

これから勉強して英語が話せるようになりたいという方にはまずは少しでも英語を声に出したり、洋書を読んでみたりして英語を覚える楽しさを知っていただきたいです。

同時に英語の音声変化を学んでいく事もあなたの今後の英語の成長度合いに大きな差がでます。

音声変化と英会話が同時に学べる教材はこちらです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2017オススメ教材ランキング

最新にして最高レベル!「最上級」を意味する「プライム」の名に恥じない圧倒的な品質の教材
プライムイングリッシュ
4.5
特徴音声変化も学べる英会話教材
内容テキストとCD
価格32,184円
返金保証
プライムイングリッシュ

堂々の第1位は「プライムイングリッシュ」です!全くの初心者がゼロから始める場合、最もお勧めなのが「プライムイングリッシュ」です。

・会話を中心に楽しみながら学習したい、
・実績がある効果的な方法で学習したい、
・英会話教室みたいな練習が一人でできるものがいい、
・センスがいいテキストで楽しく学習したい、
・内容も面白くてつい勉強してしまう教材がいい、
・不安だからメールサポートも欲しい、
・返金保証も欲しいetc…

これら全てを叶えてくれる「わがまま放題な教材」が欲しい人にまさにお勧めの教材です。今までいろいろな教材を試したけど身につかなかったので、どれから始めればいいのか迷っている場合も、まずは「プライムイングリッシュ」からスタートしてください。

プライムイングリッシュの最大の特徴は音声変化(リエゾン)についても学べることです。実際に日本語が短期間でペラペラになったネイティブのサマーさんが開発した独自のメソッドでリスニングとスピーキングが両方上達します。

テキストもカフェに持っていきたいくらいオシャレで、個性豊かな登場人物がシェアハウスでリアルな英会話をしているなど、内容がとにかく面白くて挫折しづらいので初心者におすすめできる教材です。

メールサポートや返金保証が14日間ついているので教材がイマイチだったらどうしようという心配も無用です。

7+English
「世界の七田式」の最新の学習方法で、ネイティブが使う厳選された英語が最短で話せるようになる英会話初心者の最終兵器
7+English
4.3
特徴七田式の高速学習と400%学習法
内容テキストとCD
価格19,800円
返金保証

第2位は世界の七田式の英会話教材「7+English」です!フレーズを覚えるタイプで最もお勧めの教材がこの「7+English」で、その理由は2つあります。

まず1つ目の理由はフレーズを覚える方法が教育界では世界的に評価の高い「七田式」の学習方法が使われているので、他の教材よりも効率よく英語のフレーズを覚えることができます。

2つ目の理由は、発音や基本的な英会話のフレーズ文法知識、ネイティブが良く使う表現など、英会話に必要な基礎知識・スキルをすべて習得できるからです。

一つ一つのフレーズ全部に対して、発音、意味、類似の表現、関連した表現などの詳細な解説があり、補助教材として音声によるフレーズの解説もついているのでただフレーズを暗記するだけでなく会話で使いこなせるようになります。

メールのサポートも3年間相談し放題なので非常に充実

100日間の返金保証がついているので安心して試すことができます。

ネイティブスピーク
発音教材の最高峰!世界初のネイティブの口の中の動きを再現したCGでキレイな英語の発音を身に着けられる、世界一わかりやすい発音教材
ネイティブスピーク
4.1
特徴舌の動きをCGで解説した発音教材
内容テキストとDVD
価格12,800円
返金保証×

第3位は「ネイティブスピーク」です。英会話では英語を聞きとるリスニングと、英語を話すスピーキングが必要ですが、そのどちらにも必要なのが「発音」です。

発音ができる音はリスニングでも聞き取れますし、リエゾンという英語特有の音のルールがわからないと英語の聞き取りがうまくできないのです。

ネイティブスピークでは世界初のネイティブの口の中の動きを再現したCGの映像で発音を学べるので、初心者でも「どうやって舌や口を動かしたらいいのかわからない」という心配は無用です。

ネイティブスピークはハリウッドでも有名な発音トレーナーのスコットペリーさんが開発した発音教材で、スコットペリーは今までに2,500人以上の日本人の発音を矯正して英語を聞いたり、話したりできるようにしたという実績があります。

2017最新オススメランキングの続きはこちら