1. ホーム
  2. 英文法
  3. ≫as as possibleはできるだけ使えるようにしよう

as as possibleはできるだけ使えるようにしよう

as ~ as possibleは「できるだけ~」のイディオムとして覚えましたが、日常でもビジネスでもあらゆるシーンにおいて非常によく聞かれます。

便利なフレーズなのであらためて復習してみましょう。

基本的な用法

文章に使うときは、asに挟まれた部分に形容詞、または副詞を入れて節にします。

修飾する名詞や動詞の後ろに付加します。

以前学習した比較級のことを思い出してください。

同じものを比べて

「~は~と同じくらい〇〇だ」

という表現で言いますが、それを同じ要領で作文していきましょう。

To pass the examination, you must study as hard as possible.
(試験に通るためには、できるだけ一生懸命勉強しなければいけません。)

He practiced soccer as much as possible for next match.
(次回の試合に備えて、彼はできるだけ多くサッカーの練習をしました。)

Send these packages as soon as possible.
(この小包たちをできるだけ早く送っておいて。)

なお、3番目にセンテンスのような会話は仕事をしているとよく聞きますが、このように「できるだけ早く」ASAP(エイサップと読みます)というように、頭文字をとって表されることがあります。

フレーズとしては大変くだけた言い回しになるので、目上の人や上司には使わず、同僚とのやりとり同士にとどめておいた方が無難です。

言い換えるとas ~ as S can

なお、このフレーズはas ~ as S canと置き換えることもできます。

これもやはり、比較原級の基本と同じas 形容詞(または副詞) asがベースになっています。

To pass the examination, you must study as hard as you can.
(試験に通るためには、あなたができる限りに一生懸命勉強しなければなりません。)

He practiced soccer as much as he can for next match.
(次回の試合に備えて、彼は自分ができる限り多くサッカーの練習をしました。)

Send these packages as soon as you can.
(この小包たちをできる限りでいいから早く送っておいて。)

可算名詞と不可算名詞の復習も兼ねた「できるだけ多くの」

また2番目の例文にも出たように、as much(many)as も様々なシーンで大変よく言われます。

ともに「できるだけたくさんの」という同じ意味を持つフレーズですが修飾する名詞の性質によって変わります。

「たくさんの」にかかる名詞が可算名詞(数えられる名詞)の時にはmany数えることができない不可算名詞の場合にはmuchを使って表します。

I have to eat as many vegitables as possible for my health.
(健康のためにできるだけ多くの野菜を摂るべきね。)

I wrote as many books as I could for earn the money.
(たくさん稼ぐために、できるだけ多くの本を書きました。)

You have to drink as much as water not for hyperthermia.
(熱中症にならないためには、できるだけたくさんの水を飲むべきです。)

Russia has as much oil as middle east countries.
(ロシアでは中東諸国と同じくらいたくさんの石油が取れます。)

as as possibleは仕事などにも頻出しますので、覚えていると大変便利なフレーズです。

できるだけ正確に意思を伝えるためにも、早く納期に間に合わせるためにも、知っておくべき表現法ですね。(^^)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2018厳選オススメ英会話教材ランキングTOP3

  • 最新にして最高レベル!「最上級」を意ad味する「プライム」の名に恥じない圧倒的な品質の教材
    プライムイングリッシュ
    4.5
    特徴音声変化も学べる英会話教材
    内容テキストとCD
    価格32,184円
    返金保証
    プライムイングリッシュ

    堂々の第1位は「プライムイングリッシュ」です!全くの初心者がゼロから始める場合、最もお勧めなのが「プライムイングリッシュ」です。

    ・会話を中心に楽しみながら学習したい、
    ・実績がある効果的な方法で学習したい、
    ・英会話教室みたいな練習が一人でできるものがいい、
    ・センスがいいテキストで楽しく学習したい、
    ・内容も面白くてつい勉強してしまう教材がいい、
    ・不安だからメールサポートも欲しい、
    ・返金保証も欲しいetc…

    これら全てを叶えてくれる「わがまま放題な教材」が欲しい人にまさにお勧めの教材です。今までいろいろな教材を試したけど身につかなかったので、どれから始めればいいのか迷っている場合も、まずは「プライムイングリッシュ」からスタートしてください。

    プライムイングリッシュの最大の特徴は音声変化(リエゾン)についても学べることです。実際に日本語が短期間でペラペラになったネイティブのサマーさんが開発した独自のメソッドでリスニングとスピーキングが両方上達します。

    テキストもカフェに持っていきたいくらいオシャレで、個性豊かな登場人物がシェアハウスでリアルな英会話をしているなど、内容がとにかく面白くて挫折しづらいので初心者におすすめできる教材です。

    メールサポートや返金保証が14日間ついているので教材がイマイチだったらどうしようという心配も無用です。

    ネイティブイングリッシュ
    「これだけあれば日常英会話はバッチリ!」78もの場面の英語を学べる「オールインワン」の後出しジャンケンによるいいとこどり教材。
    ネイティブイングリッシュ
    4
    特徴あらゆる日常英会話のシーンを網羅
    内容テキストとCD
    価格29,800円
    返金保証

    第2位は「ネイティブイングリッシュ」です。

    Native Englishの特徴は大きく分けて3つあります。

    1 ネイティブが頻繁に使う「生の会話やフレーズ」を厳選していて、日常英会話のシーンが78テーマと豊富なので、自分に必要なテーマや興味のあるテーマから勉強することができます。

    2 聞き流すだけの教材にはなかった日本語→英語という順番のCDで「英語を聞く力」だけでなく「英語を話す力」を伸ばす学習ができるのも大きな特徴です。

    3 1回のレッスン時間が6分程度と短いので初心者でも少しづつ成長を実感できます。スキマ時間で学習できるのもポイントです。

    ネイティブイングリッシュの特別な「ニュアンス解説CD」ではバイリンガルDJ「マイケル・リーヴァス」さんが、まるでラジオを聴いているかのような軽快なトークで英語学習者からの様々な質問に日本語と英語で答えています。

    例えば、あいさつの「How are you」に対する返事で「Great!」「So so」「Fine」の違いなど、楽しみながら英語独特のニュアンスを掴むことができます。

    日本人が一番良く使う「I'm fine thank you」 は全くネイティブが使わない理由も解説しています。

    このCDは公式サイトでサンプルの音声を聞くことができます。

    安心の返金保証付

    7+English
    「世界の七田式」の最新の学習方法で、ネイティブが使う厳選された英語が最短で話せるようになる英会話初心者の最終兵器
    7+English
    3.4
    特徴七田式の高速学習と400%学習法
    内容テキストとCD
    価格19,800円
    返金保証

    第3位は世界の七田式の英会話教材「7+English」です!フレーズを覚えるタイプで最もお勧めの教材がこの「7+English」で、その理由は2つあります。

    まず1つ目の理由はフレーズを覚える方法が教育界では世界的に評価の高い「七田式」の学習方法が使われているので、他の教材よりも効率よく英語のフレーズを覚えることができます。

    2つ目の理由は、発音や基本的な英会話のフレーズ文法知識、ネイティブが良く使う表現など、英会話に必要な基礎知識・スキルをすべて習得できるからです。

    一つ一つのフレーズ全部に対して、発音、意味、類似の表現、関連した表現などの詳細な解説があり、補助教材として音声によるフレーズの解説もついているのでただフレーズを暗記するだけでなく会話で使いこなせるようになります。

    メールのサポートも3年間相談し放題なので非常に充実

    100日間の返金保証がついているので安心して試すことができます。

    2017最新オススメランキングの続きはこちら