1. ホーム
  2. 英会話コラム
  3. ≫感情を表す動詞はexcitingが正しいのか

感情を表す動詞はexcitingが正しいのか

exciteなど、感情を表す動詞には、Be動詞+受動態として使うように決まっています。いったいなぜそのような文法上のルールがあるのでしょうか。その他頻出の感情動詞も見ながら、一つずつ解説していきましょう。

~している、と訳すが語尾はedになる動詞

I’m excited.
I’m exciting.

上の2つのうち、「私は興奮している」を意味しているとして正しいのはどちらでしょうか。一見すると接尾辞ingを持つexcitingですが、この場合の正解はexcitedなのです。Exciteという単語は動詞で「~を興奮させる」の意味で、上の文章はbe動詞+受動態という形式で「私は興奮させられた」とも解釈できます。

ですがそれでは通常の日本語から考えると少しおかしい表現になります。そこでより日本語らしく訳すと「私は興奮している」と形容詞に変化させたほうが自然です。

I’m excited to look him changed radically.
(激しく変化した彼を見て私は興奮しています。)

このように、~させるという受動態の意味合いの感情を表す動詞は、語尾はedの形で使用するのが文法上の決まり事とされています。

その他の、受動態的な感情を表す動詞たち

Exciteの他にも感情を表す動詞はいくつかあります。自分の気持ちを伝える上では欠かせない、大変便利な単語ばかりなのでこれを機会に覚えておきましょう。なお、Be動詞と前置詞は必ずセットになっています。

Surprise 

~を驚かせる(be surprised atで ~に驚く)

I’m surprised at your glowing.
(あなたの成長ぶりに驚きました。)

interest

~の興味を引く(be interested inで ~に興味がある)

I’m interested in this TV program.
(そのテレビ番組に興味があります。)

satisfy

~を満足させる(be satisfied withで ~に満足する)

I’m satisfied with our result.
(私たちの出した結果に満足している。)

please

~を喜ばせる(be pleased atで ~に喜ぶ)

I’m pleased at her success.
(彼女の成功に私は喜んでいます。)

disappoint

~を失望させる(be disappointed withで ~にがっかりする)

I’m disappointed with his attitude.
(彼の態度にはがっかりしています。)

感情が生まれてくる経緯の違い?

なぜこのように感情を表す動詞が受動態になるのかは、諸説ありますが日本人と英語圏の西洋人が思う、感情の生まれる経緯が少し違うという由来があるそうです。Excitedを例にとってみると、日本人の解釈では興奮したという感情は自分の心の中から湧き出るような感覚があります。何か興奮する対象を見聞きしたときは自分の中の心が動いたという考え方です。

ところが西洋人の感覚では、感情というものは自分の中から生じるのではなく、神や相手といった第三者的な存在から与えられるもの、と考えられています。そのとき心が動いたのは自分の中で起きた変化ではなく、誰かによって「動かされた」という考えから成り立っているようです。

接尾辞だけを見ているとどうしても騙されてしまいそうな感情を表す動詞、この紛らわしさから受験の正誤選択問題にもかなりよく出題されています。一度勉強して身に着けたものについて、考え方を変えるのはなかなか難しいことです。

しかしその中には勉強だけでは知りえなかった、英語圏特有の思想なども理由になっていたとは、大変興味を引く話でありますね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2018厳選オススメ英会話教材ランキングTOP3

  • 最新にして最高レベル!「最上級」を意ad味する「プライム」の名に恥じない圧倒的な品質の教材
    プライムイングリッシュ
    4.5
    特徴音声変化も学べる英会話教材
    内容テキストとCD
    価格32,184円
    返金保証
    プライムイングリッシュ

    堂々の第1位は「プライムイングリッシュ」です!全くの初心者がゼロから始める場合、最もお勧めなのが「プライムイングリッシュ」です。

    ・会話を中心に楽しみながら学習したい、
    ・実績がある効果的な方法で学習したい、
    ・英会話教室みたいな練習が一人でできるものがいい、
    ・センスがいいテキストで楽しく学習したい、
    ・内容も面白くてつい勉強してしまう教材がいい、
    ・不安だからメールサポートも欲しい、
    ・返金保証も欲しいetc…

    これら全てを叶えてくれる「わがまま放題な教材」が欲しい人にまさにお勧めの教材です。今までいろいろな教材を試したけど身につかなかったので、どれから始めればいいのか迷っている場合も、まずは「プライムイングリッシュ」からスタートしてください。

    プライムイングリッシュの最大の特徴は音声変化(リエゾン)についても学べることです。実際に日本語が短期間でペラペラになったネイティブのサマーさんが開発した独自のメソッドでリスニングとスピーキングが両方上達します。

    テキストもカフェに持っていきたいくらいオシャレで、個性豊かな登場人物がシェアハウスでリアルな英会話をしているなど、内容がとにかく面白くて挫折しづらいので初心者におすすめできる教材です。

    メールサポートや返金保証が14日間ついているので教材がイマイチだったらどうしようという心配も無用です。

    ネイティブイングリッシュ
    「これだけあれば日常英会話はバッチリ!」78もの場面の英語を学べる「オールインワン」の後出しジャンケンによるいいとこどり教材。
    ネイティブイングリッシュ
    4
    特徴あらゆる日常英会話のシーンを網羅
    内容テキストとCD
    価格29,800円
    返金保証

    第2位は「ネイティブイングリッシュ」です。

    Native Englishの特徴は大きく分けて3つあります。

    1 ネイティブが頻繁に使う「生の会話やフレーズ」を厳選していて、日常英会話のシーンが78テーマと豊富なので、自分に必要なテーマや興味のあるテーマから勉強することができます。

    2 聞き流すだけの教材にはなかった日本語→英語という順番のCDで「英語を聞く力」だけでなく「英語を話す力」を伸ばす学習ができるのも大きな特徴です。

    3 1回のレッスン時間が6分程度と短いので初心者でも少しづつ成長を実感できます。スキマ時間で学習できるのもポイントです。

    ネイティブイングリッシュの特別な「ニュアンス解説CD」ではバイリンガルDJ「マイケル・リーヴァス」さんが、まるでラジオを聴いているかのような軽快なトークで英語学習者からの様々な質問に日本語と英語で答えています。

    例えば、あいさつの「How are you」に対する返事で「Great!」「So so」「Fine」の違いなど、楽しみながら英語独特のニュアンスを掴むことができます。

    日本人が一番良く使う「I'm fine thank you」 は全くネイティブが使わない理由も解説しています。

    このCDは公式サイトでサンプルの音声を聞くことができます。

    安心の返金保証付

    7+English
    「世界の七田式」の最新の学習方法で、ネイティブが使う厳選された英語が最短で話せるようになる英会話初心者の最終兵器
    7+English
    3.4
    特徴七田式の高速学習と400%学習法
    内容テキストとCD
    価格19,800円
    返金保証

    第3位は世界の七田式の英会話教材「7+English」です!フレーズを覚えるタイプで最もお勧めの教材がこの「7+English」で、その理由は2つあります。

    まず1つ目の理由はフレーズを覚える方法が教育界では世界的に評価の高い「七田式」の学習方法が使われているので、他の教材よりも効率よく英語のフレーズを覚えることができます。

    2つ目の理由は、発音や基本的な英会話のフレーズ文法知識、ネイティブが良く使う表現など、英会話に必要な基礎知識・スキルをすべて習得できるからです。

    一つ一つのフレーズ全部に対して、発音、意味、類似の表現、関連した表現などの詳細な解説があり、補助教材として音声によるフレーズの解説もついているのでただフレーズを暗記するだけでなく会話で使いこなせるようになります。

    メールのサポートも3年間相談し放題なので非常に充実

    100日間の返金保証がついているので安心して試すことができます。

    2017最新オススメランキングの続きはこちら