1. ホーム
  2. 英会話コラム
  3. ≫has beenの使い方

has beenの使い方

英語の勉強で頻繁にでてくるhave ~を使う現在完了形ですが、時系列を整理して伝えるために欠かせない大変重要な表現ですね。

しかしこの現在完了形も、もう少し違ったニュアンスでとらえる表現があります。あらためて整理してみましょう。

現在完了形をおさらい、もう一つのニュアンス

「ずっと~している」といった、過去のある時点から現在まで続いていることを表現するためにhave+過去分詞で表します。

その際、for(期間)またはsince(~から、節が来ることもある)を使いますが、これは中学生の早い時期に学びますね。

I have studies English for 20 years.
(私は20年間英語を勉強し続けています。)

He has worked in this company since he was 22years old.
(彼は22歳の頃からこの会社で働いています。)

しかしこの他に、ネイティブスピーカーはもう1つの表現をよく使います。それが現在完了進行形でhave been ~ingという形になります。

その用法でさきほどの例文を表すとこのようになります。

I have been studying English for 20 years.
(私は20年間英語を勉強し続けています。)

He has been working in this company since he was 22years old.
(彼は22歳の頃からこの会社で働いています。)

have been ~ingのもう1つのニュアンス

have+過去分詞を使うことで、過去のある時点から続いている事柄を表現できますが、もう1つ「すでにやってしまった」と完了した動作について表すことがあります。
以下の例文を見てみましょう。

Do you study this course yet?
(その単元はまだやっているの?)

これに対する回答は以下のようになります。

Yes, we have studied it already.
(はい、もう終わりました。)

No, we have been studying it now.
(いいえ、まだ勉強しているところです。)

このように、過去のある時点から続いているが未だに終わっていない、まだ続いていることに対しての意味合いを持たせるときに、have been ~ingの表現を使用することがあります。

もちろんNo, we are studying it.と現在進行形で答えても間違いではありませんが、今もなお続いている、といった部分を強調したいときなどに言うとより伝わりやすくなります。

他にもこんな使いかたができます。

たとえば、こんな質問をしたときです。

What do you think now?
(今何を考えているの?)

それに対する答えとして

I have been thinking about the examination on next week.
(来週の試験のことを考えているんだ。)

このように回答をすることで、今に始まったことでなく何日も前からずっと試験のことを考えていた語感を持たせられます。

一方、現在完了を使わない文章だとこうなります。

I’m thinking about the examination on next week.

この場合では、ずっと考えているよりは今まさに考え中といったニュアンスに伝わります。

日本語に訳すとほとんど同じ意味の文章になっても、伝えるときの状況や微妙な時間的感覚を持たせるために、文章のテイストも少しずつ変化させていけます。

既に学習して習得した表現方法ほど、改めて掘り下げて調べると今よりもっとスキルアップできそうですね。

また、微妙に違う意味合いの文章を表現できるようになると、コミュニケーションもよりスムーズにいくでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2018厳選オススメ英会話教材ランキングTOP3

  • 最新にして最高レベル!「最上級」を意ad味する「プライム」の名に恥じない圧倒的な品質の教材
    プライムイングリッシュ
    4.5
    特徴音声変化も学べる英会話教材
    内容テキストとCD
    価格32,184円
    返金保証
    プライムイングリッシュ

    堂々の第1位は「プライムイングリッシュ」です!全くの初心者がゼロから始める場合、最もお勧めなのが「プライムイングリッシュ」です。

    ・会話を中心に楽しみながら学習したい、
    ・実績がある効果的な方法で学習したい、
    ・英会話教室みたいな練習が一人でできるものがいい、
    ・センスがいいテキストで楽しく学習したい、
    ・内容も面白くてつい勉強してしまう教材がいい、
    ・不安だからメールサポートも欲しい、
    ・返金保証も欲しいetc…

    これら全てを叶えてくれる「わがまま放題な教材」が欲しい人にまさにお勧めの教材です。今までいろいろな教材を試したけど身につかなかったので、どれから始めればいいのか迷っている場合も、まずは「プライムイングリッシュ」からスタートしてください。

    プライムイングリッシュの最大の特徴は音声変化(リエゾン)についても学べることです。実際に日本語が短期間でペラペラになったネイティブのサマーさんが開発した独自のメソッドでリスニングとスピーキングが両方上達します。

    テキストもカフェに持っていきたいくらいオシャレで、個性豊かな登場人物がシェアハウスでリアルな英会話をしているなど、内容がとにかく面白くて挫折しづらいので初心者におすすめできる教材です。

    メールサポートや返金保証が14日間ついているので教材がイマイチだったらどうしようという心配も無用です。

    ネイティブイングリッシュ
    「これだけあれば日常英会話はバッチリ!」78もの場面の英語を学べる「オールインワン」の後出しジャンケンによるいいとこどり教材。
    ネイティブイングリッシュ
    4
    特徴あらゆる日常英会話のシーンを網羅
    内容テキストとCD
    価格29,800円
    返金保証

    第2位は「ネイティブイングリッシュ」です。

    Native Englishの特徴は大きく分けて3つあります。

    1 ネイティブが頻繁に使う「生の会話やフレーズ」を厳選していて、日常英会話のシーンが78テーマと豊富なので、自分に必要なテーマや興味のあるテーマから勉強することができます。

    2 聞き流すだけの教材にはなかった日本語→英語という順番のCDで「英語を聞く力」だけでなく「英語を話す力」を伸ばす学習ができるのも大きな特徴です。

    3 1回のレッスン時間が6分程度と短いので初心者でも少しづつ成長を実感できます。スキマ時間で学習できるのもポイントです。

    ネイティブイングリッシュの特別な「ニュアンス解説CD」ではバイリンガルDJ「マイケル・リーヴァス」さんが、まるでラジオを聴いているかのような軽快なトークで英語学習者からの様々な質問に日本語と英語で答えています。

    例えば、あいさつの「How are you」に対する返事で「Great!」「So so」「Fine」の違いなど、楽しみながら英語独特のニュアンスを掴むことができます。

    日本人が一番良く使う「I'm fine thank you」 は全くネイティブが使わない理由も解説しています。

    このCDは公式サイトでサンプルの音声を聞くことができます。

    安心の返金保証付

    7+English
    「世界の七田式」の最新の学習方法で、ネイティブが使う厳選された英語が最短で話せるようになる英会話初心者の最終兵器
    7+English
    3.4
    特徴七田式の高速学習と400%学習法
    内容テキストとCD
    価格19,800円
    返金保証

    第3位は世界の七田式の英会話教材「7+English」です!フレーズを覚えるタイプで最もお勧めの教材がこの「7+English」で、その理由は2つあります。

    まず1つ目の理由はフレーズを覚える方法が教育界では世界的に評価の高い「七田式」の学習方法が使われているので、他の教材よりも効率よく英語のフレーズを覚えることができます。

    2つ目の理由は、発音や基本的な英会話のフレーズ文法知識、ネイティブが良く使う表現など、英会話に必要な基礎知識・スキルをすべて習得できるからです。

    一つ一つのフレーズ全部に対して、発音、意味、類似の表現、関連した表現などの詳細な解説があり、補助教材として音声によるフレーズの解説もついているのでただフレーズを暗記するだけでなく会話で使いこなせるようになります。

    メールのサポートも3年間相談し放題なので非常に充実

    100日間の返金保証がついているので安心して試すことができます。

    2017最新オススメランキングの続きはこちら