1. ホーム
  2. 英文法
  3. ≫ディクテーションで英語の音に慣れて聞く力を付けるコツ

ディクテーションで英語の音に慣れて聞く力を付けるコツ

英語学習の一環として避けて通れないのがディクテーション、音声で流れている英語を聞き取ってそれを書き出していくという、難易度の高い学習法です。

リスニング力はもちろん、単語の綴りもしっかり覚えていなければなりません。

ディクテーションをやる目的、効果、コツについてまとめてみました。(^^)

ディクテーションをやる目的とは

ディクテーション事体、やり方は

「聞こえてきた英語をそのまま紙に書き出していく」

といういたって単純な作業です。

しかし、そのためには単語を正確に聞き取る力が必要です。

ディクテーションは単なる聞き流しではありません。

聞こえた単語の情報をきっちり整理し、正確なスペルで記すのが目的なのです。

当たり前ですが、ここでワードや文章が正しく聞き取れなければ、紙に書き写すことができなくなります。

このような学習メニューの性質から、ディクテーションをやる目的とは英語を正しく聞き取る能力を付けて、正式な綴りで書けるようにすることです。

ディクテーションをやった後、どんな効果があるのか

ディクテーションの作業そのものはとてもシンプルなのですが、いざやってみると、かなりの集中力を要求されます。

普段私たちはテレビやラジオなどのメディアをBGMのように聞き流していることがよくあります。

テレビで流れたニュースについて、日本語で放送されているものであれば自然に頭に入ってくるし、注意して耳を傾けなくても内容もしっかり覚えていることもあるでしょう。

ディクテーションの場合はそうではなく、聞こえてきた英単語のスペルという情報までも、一字一句間違えのないように書いていきます。

聞く、理解する、知識を整理する、覚えたものを呼び出す、そして紙に書くというアウトプットな作業をする、

このように5段階にもわたる一連の動きを、リズミカルに流れてくる英語のスピードに乗って行うのです。

初心者にとっては、初めはかなり過酷なトレーニングにも感じられます。

しかし、このやり方に慣れてくると、必然的にリスニング力が養われていきます。

そしてただ聞いているだけでなく、英単語の情報を整理して理解する効果も期待できるようになります。

ディクテーション攻略のコツ

このように、短い時間の中で聞く・理解する・書き出すという3つの作業をするディクテーションは、とてもハードルが高く自分には無理と思っていないでしょうか?

実は上達のコツさえつかんでしまえば、誰でも簡単にできてしまいます。

ディクテーションをうまくやっていくコツは、ゆっくりのスピードから始めて行くことです。

目安としては、中学校で始めに英語を習ったときくらいに教師が話すくらいのテンポです。

This is a pen. Hello, my name is Akiko.

といった表現から入ったと思いますが、英語の初心者や苦手意識を持っている人であれば、そのくらいからでも大丈夫です。

ゆっくりしたスピードの中で英語特有のリズムをつかみ、慣れていきます。

できてきたと感じたら徐々にスピードアップしていきます。

リスニングは単語を知っていたらいいだけではなく、RとLの区別などといった発音やアクセント、イントネーションなど英語の音が持つ特性を掴むことで上達します。

そしてスペルを間違ったり曖昧になっている単語については、覚えるまで繰り返し学習していくことで確実にしましょう。

日本人にとってとても速く聞こえる英語が読まれる中で、知識を整理し呼び出して書き写す、ディクテーションとは大変レベルの高い動作をしていることが分かりました。

しかし自分にはできないと思っていても、練習のやり方を覚えて慣れていけば誰でもできるようになります。

私たちが最も苦手な聴く力を強化するためには、最適な学習法といえますね。(^^)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2018厳選オススメ英会話教材ランキングTOP3

  • 最新にして最高レベル!「最上級」を意ad味する「プライム」の名に恥じない圧倒的な品質の教材
    プライムイングリッシュ
    4.5
    特徴音声変化も学べる英会話教材
    内容テキストとCD
    価格32,184円
    返金保証
    プライムイングリッシュ

    堂々の第1位は「プライムイングリッシュ」です!全くの初心者がゼロから始める場合、最もお勧めなのが「プライムイングリッシュ」です。

    ・会話を中心に楽しみながら学習したい、
    ・実績がある効果的な方法で学習したい、
    ・英会話教室みたいな練習が一人でできるものがいい、
    ・センスがいいテキストで楽しく学習したい、
    ・内容も面白くてつい勉強してしまう教材がいい、
    ・不安だからメールサポートも欲しい、
    ・返金保証も欲しいetc…

    これら全てを叶えてくれる「わがまま放題な教材」が欲しい人にまさにお勧めの教材です。今までいろいろな教材を試したけど身につかなかったので、どれから始めればいいのか迷っている場合も、まずは「プライムイングリッシュ」からスタートしてください。

    プライムイングリッシュの最大の特徴は音声変化(リエゾン)についても学べることです。実際に日本語が短期間でペラペラになったネイティブのサマーさんが開発した独自のメソッドでリスニングとスピーキングが両方上達します。

    テキストもカフェに持っていきたいくらいオシャレで、個性豊かな登場人物がシェアハウスでリアルな英会話をしているなど、内容がとにかく面白くて挫折しづらいので初心者におすすめできる教材です。

    メールサポートや返金保証が14日間ついているので教材がイマイチだったらどうしようという心配も無用です。

    ネイティブイングリッシュ
    「これだけあれば日常英会話はバッチリ!」78もの場面の英語を学べる「オールインワン」の後出しジャンケンによるいいとこどり教材。
    ネイティブイングリッシュ
    4
    特徴あらゆる日常英会話のシーンを網羅
    内容テキストとCD
    価格29,800円
    返金保証

    第2位は「ネイティブイングリッシュ」です。

    Native Englishの特徴は大きく分けて3つあります。

    1 ネイティブが頻繁に使う「生の会話やフレーズ」を厳選していて、日常英会話のシーンが78テーマと豊富なので、自分に必要なテーマや興味のあるテーマから勉強することができます。

    2 聞き流すだけの教材にはなかった日本語→英語という順番のCDで「英語を聞く力」だけでなく「英語を話す力」を伸ばす学習ができるのも大きな特徴です。

    3 1回のレッスン時間が6分程度と短いので初心者でも少しづつ成長を実感できます。スキマ時間で学習できるのもポイントです。

    ネイティブイングリッシュの特別な「ニュアンス解説CD」ではバイリンガルDJ「マイケル・リーヴァス」さんが、まるでラジオを聴いているかのような軽快なトークで英語学習者からの様々な質問に日本語と英語で答えています。

    例えば、あいさつの「How are you」に対する返事で「Great!」「So so」「Fine」の違いなど、楽しみながら英語独特のニュアンスを掴むことができます。

    日本人が一番良く使う「I'm fine thank you」 は全くネイティブが使わない理由も解説しています。

    このCDは公式サイトでサンプルの音声を聞くことができます。

    安心の返金保証付

    7+English
    「世界の七田式」の最新の学習方法で、ネイティブが使う厳選された英語が最短で話せるようになる英会話初心者の最終兵器
    7+English
    3.4
    特徴七田式の高速学習と400%学習法
    内容テキストとCD
    価格19,800円
    返金保証

    第3位は世界の七田式の英会話教材「7+English」です!フレーズを覚えるタイプで最もお勧めの教材がこの「7+English」で、その理由は2つあります。

    まず1つ目の理由はフレーズを覚える方法が教育界では世界的に評価の高い「七田式」の学習方法が使われているので、他の教材よりも効率よく英語のフレーズを覚えることができます。

    2つ目の理由は、発音や基本的な英会話のフレーズ文法知識、ネイティブが良く使う表現など、英会話に必要な基礎知識・スキルをすべて習得できるからです。

    一つ一つのフレーズ全部に対して、発音、意味、類似の表現、関連した表現などの詳細な解説があり、補助教材として音声によるフレーズの解説もついているのでただフレーズを暗記するだけでなく会話で使いこなせるようになります。

    メールのサポートも3年間相談し放題なので非常に充実

    100日間の返金保証がついているので安心して試すことができます。

    2017最新オススメランキングの続きはこちら