1. ホーム
  2. 英会話コラム
  3. ≫冠詞の使い方を徹底解説

冠詞の使い方を徹底解説

英語学習の中でも私たちが苦手とするのが冠詞、日本語にない概念なのでなかなか想像が出来ないからです。

しかしこの冠詞をマスターしないことには英語習得への近道はありません。ぜひともこれを機会に整理して理解していきましょう。

英語学習者を悩ませる、冠詞のaとtheの日本語的ニュアンス

冠詞とは名詞の前につく指示語のようなものです。日本語ではそれぞれ「ある1つの」や「その」と言ったら比較的近いと言われますがどのように表現したらいいのでしょうか。
単語を1つ例に出してみましょう。

a book

the bag

aとtheの2種類ありますが、この2つはもちろんそれぞれに含んでいる意味があります。

a book

冠詞のaをしいて日本語にするならば「ある1つの本」という具合になりますが、私たちの生活の中で実際にそのように言うことはとても少ないでしょう。

the bag

一方、theを日本語的に表現すると「そのバッグ」といったら近いですが、こうすると意味合いがぐっと限定的になります。

ただしその場合でも、わざわざいつも「そのバッグ」とはやはり言いませんね。

私たちが冠詞に頭を悩ませる理由は、その概念が日本語に存在しないものであるからです。

しかし、これを乗り越えなければ英語マスターへの道は厳しいです。

そのためには、冠詞aとtheについて今一度しっかりと理解し、慣れるまで感覚的に意味を理解して使っていきながら習得していくのが最も近道なのかもしれません。

aとthe, それぞれが持っているニュアンスとは

冠詞のaとthe、それぞれが持っている意味については何となく理解できたところで、もう少し整理してみましょう。

冠詞aが「ある1つの」といった、不特定多数の中からランダムに1つと言うニュアンスに対して、冠詞theはより限定され、特定の中からさらにその1つ、といった意味合いになります。

I watched a film in this weekend.
(この週末は映画を見てきたよ。)

How you did think about the film?
(その映画についてはどう思ったの?)

この例文でなぜ初めにa filmと表現しているかというと、「映画」を見てきたとだけ言っているもののどの映画という特定はしていません。

そう考えたら、たくさんある中の映画のどれか一つ、といった感覚に取られるでしょう。

しかしそれに続く文章ではthe filmと冠詞が変わっているのは、前のフレーズ中にすでに映画の話が出てきているのを受けて「(今の話の中に出てきた)その映画」というように特定化されたからです。

使う際の押さえるべきポイントとは?

冠詞の持つ意味合いが理解できたところで、いくつかのポイントを押さえておきましょう。

母音の前では少し変化

不定冠詞aは続く名詞がa i u e o で始まる場合にはanと変化します。

一方定冠詞theは同様に、発音時のみ「ジ」となりますので注意が必要です。

なお、引っかかりやすいものとして、以下のものがあります。発音問題では特に頻出なので覚えておきましょう。

An hour
Hで始まっているので一見母音ではありませんが、声に出してみると「アワー」ですね。

The one
この場合、ザ・ワンとなります。Oneは見た目上oで始まっているので母音と思いますが、発音上は「ワ」になりますね。

theの特殊な用法

まさにその、といったニュアンス含むtheには、たった一つしかないものにつけられる特殊な用法があります。

The world

The moon

世界も月もこの世にたった一つしかありません。そのような唯一無二の存在を強調するのにもtheをつけることがあります。

冠詞と併用できないもの

指示代名詞(this, that等)や不定代名詞(some、any等)、数を表す数詞な所有格(my, your等)は同じ名詞に対して併用できないので注意しましょう。

何気なく使っているaやtheといった冠詞は、実は日本語にない概念なので理解に時間がかかります。

しかしこれを習得してしまえば、英語学習のペースはぐっと上がります。1つずつじっくりと知識を積み重ねていきましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

2018厳選オススメ英会話教材ランキングTOP3

  • 最新にして最高レベル!「最上級」を意ad味する「プライム」の名に恥じない圧倒的な品質の教材
    プライムイングリッシュ
    4.5
    特徴音声変化も学べる英会話教材
    内容テキストとCD
    価格32,184円
    返金保証
    プライムイングリッシュ

    堂々の第1位は「プライムイングリッシュ」です!全くの初心者がゼロから始める場合、最もお勧めなのが「プライムイングリッシュ」です。

    ・会話を中心に楽しみながら学習したい、
    ・実績がある効果的な方法で学習したい、
    ・英会話教室みたいな練習が一人でできるものがいい、
    ・センスがいいテキストで楽しく学習したい、
    ・内容も面白くてつい勉強してしまう教材がいい、
    ・不安だからメールサポートも欲しい、
    ・返金保証も欲しいetc…

    これら全てを叶えてくれる「わがまま放題な教材」が欲しい人にまさにお勧めの教材です。今までいろいろな教材を試したけど身につかなかったので、どれから始めればいいのか迷っている場合も、まずは「プライムイングリッシュ」からスタートしてください。

    プライムイングリッシュの最大の特徴は音声変化(リエゾン)についても学べることです。実際に日本語が短期間でペラペラになったネイティブのサマーさんが開発した独自のメソッドでリスニングとスピーキングが両方上達します。

    テキストもカフェに持っていきたいくらいオシャレで、個性豊かな登場人物がシェアハウスでリアルな英会話をしているなど、内容がとにかく面白くて挫折しづらいので初心者におすすめできる教材です。

    メールサポートや返金保証が14日間ついているので教材がイマイチだったらどうしようという心配も無用です。

    ネイティブイングリッシュ
    「これだけあれば日常英会話はバッチリ!」78もの場面の英語を学べる「オールインワン」の後出しジャンケンによるいいとこどり教材。
    ネイティブイングリッシュ
    4
    特徴あらゆる日常英会話のシーンを網羅
    内容テキストとCD
    価格29,800円
    返金保証

    第2位は「ネイティブイングリッシュ」です。

    Native Englishの特徴は大きく分けて3つあります。

    1 ネイティブが頻繁に使う「生の会話やフレーズ」を厳選していて、日常英会話のシーンが78テーマと豊富なので、自分に必要なテーマや興味のあるテーマから勉強することができます。

    2 聞き流すだけの教材にはなかった日本語→英語という順番のCDで「英語を聞く力」だけでなく「英語を話す力」を伸ばす学習ができるのも大きな特徴です。

    3 1回のレッスン時間が6分程度と短いので初心者でも少しづつ成長を実感できます。スキマ時間で学習できるのもポイントです。

    ネイティブイングリッシュの特別な「ニュアンス解説CD」ではバイリンガルDJ「マイケル・リーヴァス」さんが、まるでラジオを聴いているかのような軽快なトークで英語学習者からの様々な質問に日本語と英語で答えています。

    例えば、あいさつの「How are you」に対する返事で「Great!」「So so」「Fine」の違いなど、楽しみながら英語独特のニュアンスを掴むことができます。

    日本人が一番良く使う「I'm fine thank you」 は全くネイティブが使わない理由も解説しています。

    このCDは公式サイトでサンプルの音声を聞くことができます。

    安心の返金保証付

    7+English
    「世界の七田式」の最新の学習方法で、ネイティブが使う厳選された英語が最短で話せるようになる英会話初心者の最終兵器
    7+English
    3.4
    特徴七田式の高速学習と400%学習法
    内容テキストとCD
    価格19,800円
    返金保証

    第3位は世界の七田式の英会話教材「7+English」です!フレーズを覚えるタイプで最もお勧めの教材がこの「7+English」で、その理由は2つあります。

    まず1つ目の理由はフレーズを覚える方法が教育界では世界的に評価の高い「七田式」の学習方法が使われているので、他の教材よりも効率よく英語のフレーズを覚えることができます。

    2つ目の理由は、発音や基本的な英会話のフレーズ文法知識、ネイティブが良く使う表現など、英会話に必要な基礎知識・スキルをすべて習得できるからです。

    一つ一つのフレーズ全部に対して、発音、意味、類似の表現、関連した表現などの詳細な解説があり、補助教材として音声によるフレーズの解説もついているのでただフレーズを暗記するだけでなく会話で使いこなせるようになります。

    メールのサポートも3年間相談し放題なので非常に充実

    100日間の返金保証がついているので安心して試すことができます。

    2017最新オススメランキングの続きはこちら